前回の記事ではROASとCPAについてご説明いたしました。

今回の記事では頻出用語の説明の続きをしていきます。

CV(コンバージョン)とは

前回は顧客がモノを購入することを顧客獲得と表現しましたが、WEB広告業界(?)ではコンバージョンの省略でCV(シーブイ)と呼んだり、記載したりします。

コンバージョンの意味は直訳すると「転換」なのですが、WEBの世界だと申し込みや購入などの成果を意味しています。
(お客さんじゃない人がお客さんに転換したとかの意味合いなんだと思ってます。)

CVR(コンバージョンレート)とは

シーブイアール(CV率などとも表現します。)はWEBサイトへきたお客さんが何%の確率でCVに至ったかを表す指標です。

例)
PVが100あって1人購入に至ったら(CVしたら)CVRは1%です。

メディアの視点でいうと、自分のサイトの記事からLP(広告主のランディングページ)へ遷移して、そこからさらに申し込みのページへ遷移してCVするので、CVRの話をするときはLPからのCVRなのか記事からのCVRなのかを明確するようにしましょう。

また母数をどこに置くかも重要で、サイト全体のCVRなのか特定の記事のCVRなのかなど、目的に応じて計測するようにするのがいいと思います。

CVRが主に使用されるシーンとしては競合商材のLP比べたり同一商材をLP別に比べたりすることに使用します。

例)
Aという商品のCVRは1%だけど、Bという商品のCVRは3%もある
芸能人を使ったLPはCVR高いけど、価格訴求しているLPはあまりCVRがよくないみたい

カスタマージャーニーマップとは

ユーザーの購買までの行動を時系列に並べて、その接触タイミングや方法を可視化したものです。

「AISAS」や「AIDMA」などのフレームワークに当てはめて考えるのが一般的です。
ざっくりといえば

  • 認知
  • 興味・関心
  • 比較・検討
  • 購買

こういう感じのものです。

時代の変化やライフスタイルの変化(大きなもので言えばスマホの普及など)により、このフレームワークは色々と変化するので、何が正解というのはないですが、重要なのは仮説を立てて検証することだと思います。

まとめ

次の記事の事前説明で終わりました。

つづく

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事